作り込む前に!まずはワイヤーフレームを作ろう

ワイヤーフレームの下準備

ホームページを作り始める時、初心者の方は何から始めたら良いか分からない・・・となってしまうかもしれません。
ホームページは突然グラフィック等を作っていくのではなく、まずは「ワイヤーフレーム」を作ります。
そのためにまずは作りたいホームページにどんな情報を載せるかを書き出します。
例えば飲食店のホームページを作りたいのであれば「お店の場所」や「メニュー」、「予約の仕方」に「クーポン」と言った情報です。この時はまだ箇条書きで構いません。書きたいだけ書き出しましょう。そして出たアイデアを同じページに載せたいもの別に分けます。「お店の場所」と「予約の仕方」は同じページに、と言ったようにです。そうして分けていくとホームページが何ページ必要になるかが分かります。これがワイヤーフレームを作る下準備になるのです。

実際にワイヤーフレームを作る

それでは早速先ほど出したホームページに載せたい情報を元に、トップページや各ページのワイヤーフレームを作っていきましょう。
と、ワイヤーフレームは特別なソフトが必要なの?と思うかもしれませんが、紙とペンさえあれば誰でも作れます。壁新聞を作るようにどこに画像を配置したいか、どれくらいのテキストを入れるか、と言ったレイアウトを描いていくのです。細部まで緻密に描き上げる必要はありませんが、比率やサイズだけは正確に計算するようにしましょう。
このワイヤーフレームをあらかじめ作っておく事でどんな画像や情報が必要かを決める事ができますし、仕事の場合他の人との引き継ぎもしやすくなります。もちろんIllustratorやPhotoshop等のツールで作っても構いませんし、PCで作れば色等もある程度決める事ができます。

ホームページ作成講座では、目的やレベルなどに合わせて選べる複数のコースが用意されており、基礎から応用まで幅広く学べます。